USJIウィーク

A series of related events is held over the course of one week in Washington, D.C. to present the research fin […]

Rumi Aoyama
USJI Voice

習近平の冒険:新しいガバナンスモデルの模索は成功するのか

青山 瑠妙(早稲田大学 教授)

10月に、中国共産党の第19回党大会が18日から24日まで北京で開かれた。中国の「建国の父」である毛沢東、「改革開放の父」である鄧小平に並び、習近平はこの党大会を通じて自らを「強国の父」の地位を築き上...

Universityリサーチレポート

For sustainable forest management activities under the supervision of the Model Forest Promotion Division of Kyoto Prefecture

Universityニュース

新たに「グローバル アジア研究拠点」 -SGU創成支援事業-

Kenji Iwata
USJI Voice

『欧州の将来に関する白書』によせて -単一市場と単一通貨のロジックを峻別した制度設計を

岩田 健治(九州大学EUセンター長、九州大学大学院経済学研究院 教授 / 日本EU学会理事長)

本年はEUの起源となった欧州経済共同体(EEC)創設を謳ったローマ条約締結から60年に当たる。この間の統合の成果は、経済分野では1992年市場統合で完成した「EU単一市場」(含関税同盟・農業共同市場)...

研究プロジェクト

本プロジェクトは、TPP後の日米経済関係に関して、経済学の実証研究の結果に基づいて政策提言を行うことを目的とする。特に、...

研究代表者(所属):
戸堂康之(早稲田大学政治経済学術院 教授)

Universityリサーチレポート

Silicon Could Make Quantum Leap Possible: 30 Years of Isotope Research and Innovation

Yamaguchi Eichi
USJI Voice

革新的ベンチャー企業促進に向けた政府の役割

山口 栄一(京都大学大学院教授)

21世紀に入り、日本のサイエンス研究が停滞している。日本からの学術論文の発表件数は足踏み状態で、飛びぬけて多い発表数を誇る米国、急伸する中国を圧倒的に下回っているのはもちろん、英国とドイツに比べてもそ...

Kazuo Matsushita
USJI Voice

パリ協定で脱炭素社会へ移行を急げ

松下 和夫(京都大学名誉教授)

気候変動に関するパリ協定は地球全体の気候変動に関する野心的長期目標を定め、化石燃料からの脱却へのメッセージを出した。先進国の率先的行動と途上国の参加を包括する枠組みを構築し、継続的レビューと5年ごとの...

研究プロジェクト

ドナルド・トランプ大統領の登場を受けて、日米関係はどう変わるのか? この問いに答えるべく、日米のリーダーシップを歴史的...

研究代表者(所属):
村田晃嗣(同志社大学教授)

ご支援のお願い
  • 連携大学

  • GET UPDATES

    USJIでは、イベント等の情報をメール配信しています。お申込み/配信停止はこちらから。

  • ご賛同企業・団体