HOME > 研究活動 > 研究プロジェクト

研究活動

研究プロジェクト

「環境・エネルギー」、「安全保障」、「地域協力・統合」および「科学技術政策」等を主要テーマとして、当インスティテュートの連携大学の研究者を中心とした研究プロジェクトを構成し、その研究成果を毎年度末にPolicy Paperとして発信します。

2011年度

アジアの新時代における日米印の連携とビジネス発展の可能性 社会学、人類学、心理学、政治学、ビジネスや経済学などの分野で、...

研究代表者(所属):
Gautam Ray教授 (京都大学経営管理大学院)

日本と米国においては、温室効果ガスの60%はエネルギー関連から、20%は食料・農業関連から排出されていることから、地球温...

研究代表者(所属):
弦間正彦(早稲田大学)

現在の国際状況は、出口の見えない「冷戦後の世界」が続いている。冷戦時代の米ソ二国間構造が終焉を迎えて20年が経ち、世界の...

研究代表者(所属):
谷内正太郎 (早稲田大学日米研究機構客員教授)

本研究グループにおいては、第一に、世界的な経常収支の大幅なインバランスがもたらす可能性のある金融・経済危機の危険性につい...

研究代表者(所属):
中逵啓示(立命館大学)

今日、アメリカ政治のイデオロギー的分極化が著しい。オバマ政権発足後だけをみても、2009年2月の大型景気刺激策に対して共...

研究代表者(所属):
久保文明(東京大学)

ご支援のお願い
  • 連携大学

  • GET UPDATES

    USJIでは、イベント等の情報をメール配信しています。お申込み/配信停止はこちらから。