HOME > Research Activities > Research Projects > 2010-2011 > Climate Change for the US and Japan

Research Activities

Research Projects

Climate Change for the US and Japan

Overview

Leader Prof. Masahiko Gemma, Waseda University
Researcher Muneta Yokomatsu, Kyoto University , Hiroshi Ohta, Waseda University, Kenji Horiguchi, Waseda University, Ayu Washizu, Waseda University, Shenggen Fan (International Food Policy Research Institute, Washington, D.C.), Rodney Smith (University of Minnesota), Zbigniew Bochniarz (University of Washington), Harry de Gorter (Cornell University), Yacov Tsur (Hebrew University of Jerusalem)
Term April 2010 - March 2011
Research Outline

 The Obama administration has been committed to setting a medium goal for the reduction of Greenhouse Gas (GHG) emissions. The Japanese government has also proposed a 50% reduction in GHG emissions by 2050. Both countries have called for international collective actions on the reduction of GHG emissions.
 This study analyzes the economic and social impacts of the introduction of active motions for the reduction of GHG emissions under different scenarios. In particular, the study focuses on the urgent issues embodied in the conflict between alternative energy policies and food security concerns. The objectives of the research are (1) to deepen understanding of food security issues as they relate to energy security and related alternative energy and environmental policies and (2) to produce viable insight and useful policy implications in local, national and international perspectives for both Japan and the United States.

Report

Leader Prof. Masahiko Gemma, Waseda University
Researcher Muneta Yokomatsu, Kyoto University , Hiroshi Ohta, Waseda University, Kenji Horiguchi, Waseda University, Ayu Washizu, Waseda University, Shenggen Fan (International Food Policy Research Institute, Washington, D.C.), Rodney Smith (University of Minnesota), Zbigniew Bochniarz (University of Washington), Harry de Gorter (Cornell University), Yacov Tsur (Hebrew University of Jerusalem)
Term April 2010 - March 2011
Achievements Outline

(Japanese Only)
 本研究は、「気候変動問題への対応と食料の安全保障」と「気候変動問題への対応とエネルギーの安全保障」の視点から、日米が直面する短期的、長期的政策課題を分析して、日米の取り組みのあり方について考察することを目的とした。このテーマを設定した理由は、気候変動の原因となる温室効果ガス排出量削減に向け2013年からの取り組みの枠組みを世界が模索している今、温室効果ガス排出量削減が我々のエネルギー消費のあり方、食料消費のあり方をどう変えうるかを理解した上で、日米が気候変動問題にリーダーとして取り組むことが必要だと考えたからである。
 早稲田大学日米研究機構Bグループにおいて実施している「エネルギーと食料の安全保障」に関する研究活動と連携させて日本国内における研究活動を実施した。また、研究結果の一部は、2011年2月11日にUSJI Week Seminar 7の中で、ワシントンDCにて公表・議論した。本研究グループでは、外部研究者を含む研究グループメンバーのそれぞれの研究分野の手法を用いて、一連の動きが短期、中長期に与える影響について前提・仮定を明示化した上で分析することにした。短期的な動きについては文献のレビューや聞き取り調査を手段として分析を行なった。そして、中長期的な影響については、分析担当者が経済学の視点からモデル分析をしてきている。本年度は、新政権に変わった日米における環境・エネルギー政策の状況を客観的に理解する目的から、日本を代表する本分野の専門家を招いて、研究会を実施すると同時に、研究の取りまとめ作業を行なった。

Activity Contents

(Japanese Only)
 早稲田大学日米研究機構Bグループでは、国内の専門家を招いて、6回の研究を実施した。また2010年6月4日に開催された早稲田大学日米研究機構第3回国際シンポジウム「日本、米国、中国と東アジア統合 ~概念と政策課題~」の中で、「東アジアの環境協力」と題するセッションに係わった。そして、国際シンポジウムにおける報告・議論の内容は2011年3月に、東洋経済新報社から出版される本の中でも公開される予定になっている。USJI Week Seminar 7においては、①気候変動問題への対応に関しては、日米において設定された温室効果ガスの削減のためには、ビジネス、家計、自治体がそれぞれ取り組む必要があり、特に自治体の取り組みがローカルビジネスや家計の行動に影響を与えることから、重要であるという認識に立ち、日米の自治体の取り組みの中での先進事例から学べることを整理して報告した。②さらに、削減の履行に関するモニタリングに関して、リスクと不確実性を取り入れたモデルを用いて、どのような制度の設計が望ましいのかを、経済モデルを使って検証した。

Relative URL(s)

http://www.us-jpri.org/en/week/feb2011#seminar7

Support USJI
  • Sponsoring Universities

  • GET UPDATES

    The USJI provides email updates about events and other news. Please go here to sign up for/stop receiving updates.