HOME > Research Activities > Research Projects > 2010-2011 > Banking Crises and Underlying Global Imbalance: Political Economy Perspectives

Research Activities

Research Projects

Banking Crises and Underlying Global Imbalance: Political Economy Perspectives

Overview

Leader Prof. Keiji NAKATSUJI, Ritsumeikan University
Researcher Akira Furukawa, Ritsumeikan University , Nobuhiko Hibara, Ritsumeikan University , Sachio Nakato, Ritsumeikan University , Hironori Sasada, Ritsumeikan University , Kangkook Lee , Izawa Yuji , Shimono Hisako , Gonbi Ichiro
Term April 2010 - March 2011
Research Outline

 We have experienced many financial crises in U.S. and Japan as well as in other developed and emerging economies. To name only those of U.S. and Japan after 1930s, we had at least three episodes originated from either economy: 1930s (U.S.), 1990s (Japan), and the late 2000s (U.S.).

 Economists have tackled the causes and effects of the financial crises and presented many policy implications on monetary policy, regulation, and global financial regime. And they asked them to be implemented. However, one underlying dilemma is that governments often had trouble in implementing the policies both to overcome occurring crises and to prevent future crises. Perhaps governments or, more broadly, political process may significantly matter to deal with this problem.

 In this research project, economists and political scientists will jointly examine the financial crises of U.S. and Japan with emphasis on political economy perspectives. There may be many causal links between politics and financial crises to be detected. Research topics include 1) Were government interventions such as public money injection effective and efficient in terms of its consequent costs and benefits? 2) What types of regulation, regime, and institutions did cause financial crises? 3) Did financial crises bring about changes in the domestic political regime? 4) How did underlying global imbalance play a role in making financial crises happen?

Report

Leader Prof. Keiji NAKATSUJI, Ritsumeikan University
Researcher Akira Furukawa, Ritsumeikan University , Nobuhiko Hibara, Ritsumeikan University , Sachio Nakato, Ritsumeikan University , Hironori Sasada, Ritsumeikan University , Kangkook Lee , Izawa Yuji , Shimono Hisako , Gonbi Ichiro
Term April 2010 - March 2011
Achievements Outline

(Japanese Only)
 2009年夏から開始した本研究会はこれまでにつごう八回開催された。その中では、古川とLeeが米国の経常収支の大幅赤字に焦点を当てながらグローバルインバランスの実態について報告した。グラーバルインバランスがもたらす世界経済の動揺から身を守る、あるいは米国経済に対する依存を削減するため域内経済の統合を図るアジア諸国の努力の経過については、山神がAPECによる貿易自由化のための話し合いを中心に振り返った。中戸は、むしろ一国による自由貿易協定締結の努力に焦点を当て、日韓を比較することよって日本側の立ち遅れについて警告を発した。もう1つのキープレーヤーである中国については、下野が高い経済成長をけん引してきたと考えられている沿岸諸都市の間でも、パフォーマンスにおいて差があることを厦門のケースに関する実証研究を提示し示した。中国に関しては本研究会のメンバーが参加した六大学シンポにおいて、賀平復旦大学教授が、日米貿易摩擦の教訓を中国がいかに米中貿易摩擦の交渉に活かすべきかについて報告を行った。そして、本研究会が中心となり11月に京都で開催した国際シンポにおいては、グローバルインバランスのもたらす影響について楽観(田所慶大教授)・悲観(Henningアメリカン大学教授、中逵等) 両面から議論するとともに、それに備える、あるいは大幅な変動から世界経済を救うという観点からアジア経済の可能性について話し合った。韓元韓国外相は基調演説で政治外交面も含めた総合的観点から、東アジア共同体による経済統合の可能性について議論した。
 APECとTPPの今後の可能性については浦田早大教授と樋渡東大教授は異なった観点から肯定的な報告を行った。ここに見られる、東アジア共同体なのか、それともアジア太平洋における経済統合が適切な統合の枠組みであるのかという、選択上のディレンマについてはソリス・アメリカン大学準教授が、2010年2月のワシントンでのUSJI Weekでのセミナーで再度提起した。同セミナーではワインスタイン・コロンビア大学教授が貿易金融の観点から、金融危機が貿易という実体経済に波及していった構造について説明した。樋原は、内外の金利差を利用したキャリートレードがアメリカにおける金余りひいてはサブプライム危機やリーマン・ショックの一因となったことを指摘し、グローバルインバランスの一実態について興味深い議論を展開した。
 以上の展開を踏まえ、研究会全体の報告性は「グローバルインバランスと地域(アジア・太平洋)の対応」というテーマに収れんしつつあり、それらを金融、貿易の両面から分析することになった。

Activity Contents

(Japanese Only)
①研究会活動 2009年度の三回の研究会開催に続き、
第四回 2010年3月5日 古川彰 "Imbalance of the US Economy -- high potential growth and low savings"
第五回 3月19日 下野寿子 「対外開放の多様な実態:厦門はなぜ取り残されたのか」
第六回 11月19日 山神進「アジア太平洋経済協力(APEC)の模索する貿易・投資の自由化:2010年のAPEC首脳会議に向けての課題と展望」
第七回 2011年1月21日 Lee Kangkook, “Global Imbalances and the Global Financial Crisis”
第八回 3月18日 中戸祐夫 「米韓FTAと日本のFTA戦略」
①2009年9月22-23日の両日ワシントンDCで開催された日米研究インスティテュート第一回シンポに立命からは樋原、佐々田の二名の研究者が参加した。
②立命館大学はアジア太平洋各国の五大学と六大学シンポを毎年開催している。2009年は10月15-16日にかけてカナダトロント大学でGLOBAL CRISIS/GLOBAL RESEARCH: INTERNATIONAL PERSPECTIVES ON ECONOMIC TURMOILをテーマに開催され、立命から本研究会をベースに中戸、樋原(報告)、佐々田(報告)の三名が参加した。
③2010年2月1-2日ワシントンでの日米研究インスティテュート第二回シンポに立命からは中逵(報告)、佐々田の二名の研究者が参加した。
④10月5-6日に上海の復旦大学で、”Mutual Perceptions and Bilateral Relations”と題して六大学シンポが開催された。本研究会からは6名が出席し、中戸、吉松が報告。山神が司会、中逵、樋原が討論者を務めた。
⑤11月4日立命館大学にて、本研究会活動を基礎にUSJI主催”Can Asia Save the World Economy?”と題し、APEC日本開催記念シンポジウムを開催。樋原が第一セッションの報告者、中逵が第二セッションの司会を務めた。
USJI Week最終日である2月11日に、本研究会によるセミナー、The Current Global Financial Crisis and Its Effects on US, Japan, and Asia Pacific Region,”と題し、米国の研究者二名を加え開催。中逵が司会、樋原が報告。

Relative URL(s)

http://www.us-jpri.org/en/week/feb2011#seminar6

Support USJI
  • Sponsoring Universities

  • GET UPDATES

    The USJI provides email updates about events and other news. Please go here to sign up for/stop receiving updates.