HOME > コミュニティ形成 > KAKEHASHI Project

コミュニティ形成

KAKEHASHI Project

日本政府(外務省)が2014年度より推進しているKAKEHASHI Projectは、日本と北米地域との間で、将来各界にて活躍が期待される優秀な人材を招聘・派遣するという人的交流を通じて、我が国の政治、社会、歴史及び外交政策に関する理解促進を図ることを目的としています。また、親日派・知日派を発掘することで、我が国の外交基盤を拡充し、さらに、被招聘者・被派遣者に、日本の外交姿勢や日本の魅力等を積極的に発信してもらい、国際社会における対日イメージ向上や日本への持続的な関心の増進に寄与することもねらいとしています。
USJIではこのプログラムに参加し、米国の若手研究者の受入およびUSJI連携大学所属の若手研究者の派遣等を行っています。

2017/1/25

外務省が推進する国際交流事業の一つである北米地域との交流プログラム”KAKEHASHI Projectにおいて、ジョージ・ワシントン大学、ジョンズ・ホプキンズ大学、ジョージタウン大学からの若手研究者が訪日し、USJIの連携大学である慶應義塾大学、東京大学、上智大学、早稲田大学を訪問しました。日本からは3月にこの4大学より大学院生を含む若手研究者が米国を訪れます。
上智大学訪問の様子
慶應大学訪問の様子

2015/12/17

DSC_0206_cropped外務省が推進する国際交流事業の一つである北米地域との交流プログラム”KAKEHASHI Project(第2陣)”に、 日米研究インスティテュートが協力し、米国の若手研究者(大学院生)の受け入れを行いました。詳細はこちらへ。

2015/11/05

1外務省が推進する国際交流事業の一つである北米地域との交流プログラム”KAKEHASHI Project(第1陣)”に、 日米研究インスティテュートが協力し、米国の若手研究者の受け入れを行いました。詳細はこちらへ。

ご支援のお願い
  • 連携大学

  • GET UPDATES

    USJIでは、イベント等の情報をメール配信しています。お申込み/配信停止はこちらから。