HOME > 研究活動 > 研究プロジェクト > 2017年度 > 日米関係の比較リーダーシップ論

研究活動

研究プロジェクト

日米関係の比較リーダーシップ論

計画書

研究代表者
(所属)
村田晃嗣(同志社大学教授)
研究関係者
(所属)
アンドリュー・オロス(ワシントン大学教授)
研究期間 2017年9月~2018年2月
研究概要

ドナルド・トランプ大統領の登場を受けて、日米関係はどう変わるのか?
この問いに答えるべく、日米のリーダーシップを歴史的、制度的、国際的に比較してみたい。「ロン・ヤス」関係と呼ばれた1980年代や小泉・ブッシュ時代との相違や共通点は何かを考察して上で、今後の展望を検討したい。また、他の二国間リーダーシップとの比較(例えば、米英、米韓など)にも視野を広げたい。

ご支援のお願い

Upcoming Events

2017年9月11日-19日
USJI Week

申込み受付中!

  • 連携大学

  • GET UPDATES

    USJIでは、イベント等の情報をメール配信しています。お申込み/配信停止はこちらから。