HOME > 研究活動 > 研究プロジェクト > 2016年度 > 2016年アメリカ大統領選挙と日本

研究活動

研究プロジェクト

2016年アメリカ大統領選挙と日本

計画書

研究代表者
(所属)
前嶋和弘(上智大学総合グローバル学部教授、USJI運営アドバイザー)
研究関係者
(所属)
安野正士(上智大学国際教養学部准教授)、ケビン・ドーク(ジョージタウン大学教授)、マイケル・ベーリー(ジョージタウン大学教授)
研究期間 2016年5月~2017年3月
研究概要

 2016年アメリカ大統領選挙の動向が世界的に注目される中、日本はこの選挙をどう見ているのか、あるいはこの選挙に関連して、浮かび上がる日米関係の諸問題などを明らかにするのが本プロジェクトの目的である。
 具体的には、政治、安全保障、文化などの観点から、4人の研究者がそれぞれの専門分野から分析する。そして、USJIウィークの中のワークショップでワシントンの政策コミュニティに分析結果を報告し、討議する。

ご支援のお願い
  • 連携大学

  • GET UPDATES

    USJIでは、イベント等の情報をメール配信しています。お申込み/配信停止はこちらから。