HOME > 研究活動 > 研究プロジェクト > 2016年度 > 新産業創造に対してSBIR制度が及ぼす影響の日米比較

研究活動

研究プロジェクト

新産業創造に対してSBIR制度が及ぼす影響の日米比較

計画書

研究代表者
(所属)
山口栄一(京都大学大学院 総合生存学館)
研究関係者
(所属)
河合江理子(京都大学大学院 総合生存学館)
研究期間 2016年6月〜2017年3月
研究概要

 21世紀に入って、日本の産業競争力の低下が加速度を増している。
特にサイエンス型産業が競争力を失い、特に日本の医薬品産業の貿易赤字額は2004年を契機に急増して2013年に1兆7,786億円に達した。
 本研究は、日本における科学イノベーションに遅れを生じさせた原因を解明し、その改善に向けた処方を提示することを目標とする。日本社会におけるこの課題解決の遅れの主要因は、イノベーション型産業の担い手が自前主義の「大企業」からオープンな「イノベーターのネットワーク」に変容したにもかかわらず、その把握を怠ってきたことにあるが、その主たる制度要因が米国版SBIR(Small Business Innovation Research)制度を模倣して始まった日本版SBIR制度(1999年2月から施行された中小企業技術革新制度)が若き科学者をイノベーターに転ずることに失敗したという仮説に基づき、SBIR制度の日米比較に焦点をしぼって、その原点と歴史およびその思想の差異をエビデンスベースで調べ、日本版SBIR制度の根源的問題点を分析するとともに、新しいイノベーション政策の制度設計の思想を提言することを目的とする。

報告書

研究代表者
(所属)
山口栄一(京都大学大学院 総合生存学館)
研究関係者
(所属)
河合江理子(京都大学大学院 総合生存学館)
研究期間 2016年6月〜2017年3月
活動内容・
研究成果

【関連URL】
USJI Voice Vol.29: 革新的ベンチャー企業促進に向けた政府の役割
http://www.us-jpri.org/voice/usji-voice-vol-29

関連イベント
のURL

http://www.us-jpri.org/voice/usji-voice-vol-29

ご支援のお願い
  • 連携大学

  • GET UPDATES

    USJIでは、イベント等の情報をメール配信しています。お申込み/配信停止はこちらから。